お知らせ - INFORMATION

お知らせ > 芸予諸島 日本遺産に認定

2016年4月26日 芸予諸島 日本遺産に認定

芸予諸島 日本遺産に認定

村上海賊の歴史が認定 県内2例目

しまなみの島々に伝わる『村上海賊』の歴史と、その文化に根付いた史跡等が

日本文化庁より日本遺産に認定されました。

県内では昨年認定されました「四国遍路」に続いて2例目。

これからのゴールデンウィーク、夏休みはぜひしまなみの文化に触れてみては

いかがでしょうか?


【愛媛新聞オンラインより抜粋】

文化庁は25日、地域の歴史的魅力や特色を伝える伝統・文化のストーリーを認定し、観光資源として活用する「日本遺産」の2016年度認定結果を発表した。愛媛県今治市と広島県尾道市が共同申請した「『日本最大の海賊』の本拠地・芸予諸島―よみがえる村上海賊『Murakami KAIZOKU』の記憶」をはじめ、19府県80市町村の19件が選ばれた。
今治、尾道両市は、戦国時代に来日したポルトガルの宣教師ルイス・フロイスが「日本最大の海賊」と表現し、瀬戸内海の交易や流通の秩序を支えた村上海賊をテーマとし、本拠地の芸予諸島で海賊の歴史を体感できるとアピール。瀬戸内しまなみ海道沿線に点在する城跡や大山祇神社(今治市大三島町宮浦)に奉納された武具類、伝統料理「水軍鍋」など計42件の文化財で構成した。


お知らせ一覧に戻る



ページのトップへ